メニュー

歯周病について

口の病気と体の病気の関係

口の病気の代表は、ご存知のように虫歯と歯周病です。ところが、歯や歯ぐきの病気と心臓、腎臓など、体の各部位とが相互に影響を及ぼすことがあるのは、あまり知られていません。
口と心臓などは、直接つながった器官でもなく、機能もまったく違うわけですから、両方の病気を関連づけては考えられませんでした。
また、糖尿病、肝臓病、ホルモン失調などの人は、歯ぐきの病気にかかりやすいのです。さらに、明らかな症状がなくても、ストレスや過労から歯ぐきに炎症を起こすことがあります。
これらの他にも、歯や歯ぐきが悪いと、十分な咀嚼ができないため、胃腸障害、栄養障害も当然発生します。

このように人間の体は、一見、まるで関係のない器官と思われるところでも、非常に密接に影響しあっていることを十分認識して、各自が健康管理をしなければなりません。口の病気だからといって、タカをくくっている人が多く、ついつい放置しがちですが、長い間にゆっくりと奥深く口の病気は潜行し、手遅れになるかも知れません。

歯周病は中高年が歯を失う最大の原因

中高年の人が歯を失う最大の原因は、歯周病です。この病気は、歯と歯ぐきの間から原因菌が入り込み、歯を支えている歯周組織を壊していく病気で、歯肉炎と歯周炎に分けられます。

歯肉炎というのは、炎症が歯ぐきの部分だけに限られる状態。
歯周炎というのは、さらに炎症が深く広がって、歯の周りの組織や歯槽骨を壊すまで進行した状態をいいます。

歯周病からくる口腔細菌が全身に及ぼす影響

肺炎

歯周病菌が肺炎患部から検出される。誤飲により口腔内の細菌が呼吸器官に入る。

感染性心内膜炎

歯周病菌が心内膜炎患部から検出される。

動脈疾患

歯周病患者の心疾患による死亡率は健康な人の1.9倍、発作は2.8倍。歯周病の進行と心疾患の発生は比例する。歯周病菌などの毒素に対してカラダがつくり出す炎症物質が血管壁の肥厚を促進する。

低体重児出産

歯周病菌の毒素が体内の炎症物質を増加させる。低体重児出産(早産)の母親の炎症物質量は、歯周ポケット及び羊膜内双方で高く、相関する。

正常な歯ぐきと歯周病の比較図

正常な歯ぐきと歯周病の比較図 正常な歯ぐきと歯周病の比較図
歯肉が健康なとき、歯は歯周組織(歯肉、歯根膜、セメント質、歯槽骨)によってしっかり保持されています。
正常な歯肉は淡いピンク色で引き締まっています。
正常な歯ぐきと歯周病の比較図 正常な歯ぐきと歯周病の比較図
歯肉が炎症を起こすと、赤くつやがあることもあり、磨くと出血しやすく、触れると痛むことがあります。
炎症は歯肉に限局して仮性ポケットが出現します。
正常な歯ぐきと歯周病の比較図 正常な歯ぐきと歯周病の比較図
歯肉の炎症が進行してくると、発赤、腫脹が著しくなり磨くと出血します。歯の支持組織にも炎症が進み、歯周ポケットが形成され骨の吸収も始まります。
正常な歯ぐきと歯周病の比較図 正常な歯ぐきと歯周病の比較図
歯周病がさらに進むと、歯の支えの多くを失い、骨吸収が歯根長の1/2以上になると歯はぐらつきはじめ、膿が出始めてくると口臭もひどくなり、やがて歯が抜けてしまいます。

スケーリング・ルートプレーニング(SRP)

スケーリングは、歯に付着したプラークや歯石、その他の沈着物などを器械的に除去することです。ルートプレーニングは、汚染された根面のセメント質や象牙質を除去して、硬くなめらかな根面にすることです。両方の操作で歯肉の炎症はなくなり、歯周組織がさらに破壊されるのを抑制します。

 スケーリング・ルートプレーニング(SRP)

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME