メニュー

虫歯のはなし

噛むことには大きなメリットがある

よく噛むことで肥満の防止

咀嚼することによって生まれるエネルギーは、脳にある満腹中枢を働かせる重要な信号です。よく噛まないと、たくさん食べても満腹中枢に信号が速やかに伝わらないので、過食による肥満の原因にもなります。健全な噛み方は、両親の奥歯を使って、一口で30回は噛むことです。

食べ物を効率よく消化吸収できる

食べ物をよく噛んで小さなかたまりにしておくと、表面積が増えて消化酵素による分解を効率よく行うことができます。また、消化吸収を促すことは、さまざまな病気の予防にもつまがります。

頭の働きがよくなる?

食べ物をよく噛んで食べると、脳全体の働きが活発になります。とくに、満腹中枢や記憶をつかさどる海馬が活性化して、記憶力がよくなるといわれています。

よく噛むことはもっとも手軽な痴呆予防の手段?

日頃よく噛んで食べている人は、大脳皮質が活性化され、痴呆になりにくいといわれています。また、加齢による初期症状は、よく噛むことで進行を抑えるとの臨床結果もあります。

噛むと顎の骨が強くなる

顎の骨は噛むことで力が加わり、活性化して骨量の増加と強化につながります。よく噛むことにより顎の骨を強くすることは、歯周病や顎関節症の予防になり、また適切な発声にも関係します。

顎の筋肉を鍛え若々しい表情をつくる

よく噛むことは、顔の筋肉と顎の筋肉の骨を活発に動かし鍛えるので、顔の衰えを防ぎ、高齢者でも表情が若々しく見えます。

虫歯を予防し口の中を清潔にする

唾液には、口の中の細菌を洗い流す作用と口の中を中性に保つ役割があります。唾液は噛まなければ分泌されないので、よく噛んで食べるほど、虫歯予防に効果があります。

唾液分泌を促進して酵素の働きを高める

唾液には、味覚神経を敏感にするガスチンという酵素や、活性酸素を減弱させてガン予防に役立つラクトペルオキシダーゼという酵素が含まれています。よく噛むということは、唾液と共にこれらの酵素の分泌が盛んになるということなのです。

きれいな歯並びをつくる

永久歯がきれいに並ぶ大きさに顎の骨を成長させるには、噛む刺激が大切です。とくに、子供の時期は、噛みごたえのある食べ物をよく噛む習慣をつけることが必要です。

虫歯が発生する4つの因子

虫歯が発生するには4つの因子があり、これらすべてが揃ったときにはじめて発生します。
第一の因子は、歯垢(プラーク)で歯が汚れていること。第二の因子は、歯の質が弱かったり、歯の形や歯並びが歯垢のつきやすい状態になっていること。第三の因子は、細菌の栄養源である糖質(特に砂糖)を多く含んだ食べ物がつねに補給されていること。そして第四の因子は、第一から第三の因子の状態が長く続くことです。

エナメル質のむし歯  エナメル質のむし歯
ほとんど自覚症状がないので、つい放っておきがちです。しかし、この程度のときに治療しておけば痛みもなく、簡単です。初期の虫歯はエナメル質のみぞの中にできます。エナメル質は知覚がなく、ほとんど自覚症状がないので、つい放っておきがちです。
象牙質むし歯  象牙質むし歯
虫歯がエナメル質を越えて象牙質に広がると、冷たいものや、甘いものがしみます。このころまでは、治療もわりとはやくすみます。虫歯が神経まで達する前に治療を受けて下さい。
神経まで進んだむし歯  神経まで進んだむし歯
たえず激痛になやまされます。歯髄がおかされているので、歯髄をとってしまいます。治療に時間がかかります。神経を侵す程の虫歯になると歯冠はほとんど壊されて腐っています。そのために長い時間をかけて治療をし、冠をかぶせなければなりません。
歯根まで進んだむし歯  歯根まで進んだむし歯
根の先が化膿して、歯根膜炎を併発していれば、噛んだときに痛く根の先にウミの袋ができていることも多い。抜歯をすることもあり治療は困難となります。
神経の孔を通して顎の骨に細菌が感染しますと顔が大きく腫れて骨膜炎を起こすことがあります。
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME