メニュー

顎関節症について

顎(がく)関節症とは

顔面や頭頚部の筋部に疼痛を訴えたり、開口障害や顎運動障害、さらには顎関節部に雑音や疼痛を訴えるいわゆる顎関節症は現在増加の傾向にあります。
この治療法としては、顎関節症の発症因子の一つである咬合障害因子すなわち、不正咬合とストレスによるくいしばりや、歯軋りの発生を防止することです。
このストレスによる頭頚部の筋群や顎関節に加わる負荷を軽減する効果のあるスプリント療法があります。
この療法は、歯の表面をプラスチック製のスプリントで覆うことにより、咬合に由来する顎関節に対する外傷的な負荷を減少させ、また下顎の位置の改善により顎関節内部組織を安静にする効果があります。また、顎関節症はself-limitingな疾患(治療をほどこさなくても長期的には症状が改善する病気)であるという解釈から、保存的,非侵襲的,可逆的治療法すなわちスプリント治療法などを第一義的に選択することが推奨されています。

顎関節症の予防法

顎関節症の予防法

顎関節症の症状紹介

クリッキング

カクカク、カクンカクンという音がすることをクリッキングといいます。若い人たちに多い顎関節症のほとんどはクリッキングで、口の開けはじめと、口を閉じる直前の2回、音がします。治療としては整位型スプリントを用いるのが普通です

クリッキング

ロッキング

クリッキングのさらに進んだ状態で強い痛みがあり、口が開かなくなります。関節円板が前へずれ、しかも元に戻らない状態になったときに起こります。放っておくと関節円板に穴が開いたりします。治療の1つとして徒手的関節円板整位術があります。

ロッキング

痛みの輪

心理的ストレスと不正咬合(悪い咬み合わせ)が原因となって、筋肉の異常な運動をつくり、それが悪循環となって、顎の関節の周りが痛くなります。

痛みの輪

整位型スプリント

顎関節症で使用する治療器具(下は装着例)

整位型スプリント

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME